舞鶴YEG(Young Entrepreneurs Group)のホームページへようこそ。

2020年度スローガン

Here we go ! ~笑顔のバトンを次世代へ繋ぐ~

所信

この度、舞鶴商工会議所青年部(以下、舞鶴YEG)の会長を拝命いたしました江波明です。

今年度、舞鶴YEG は創立40周年を迎える記念すべき年度となります。

これまで先輩諸兄が40年間にわたり培ってこられた歴史と伝統とご尽力に感謝をするとともに、次世代へしっかりと承 継するためにも、時代にあった柔軟な発想を持った若い世代を中心に活躍の場を設けた会の運営に努めていくことが私に課せられた使命と考えております。

この思いを込め、今年度スローガンを Here we go ! ~笑顔のバトンを次世代へ繋ぐ~としました。

私自身、非常に微力ではございますが、これらを実現するために精一杯力を注いでまいります。

さて、今年は東京2020オリンピック・パラリンピック開催の年でありましたが、世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスにより開催延期、インバウンドや一般消費の壊滅的な落ち込み、サ プライチェーンの崩壊により各方面においての製品の供給不足や操業停止など、未曾有の事態となってしまいました。

私たちや家族の健康の担保はどうなるのか、人の往来が制限された中で、この先の経済をどう立て直すのか、全く先の見えない状況です。

グローバル化が進んだ現在において、地方都市である舞鶴においても例外ではなく、非常に予断を許されません。

そんな中で我々は青年経済人として、自社業の発展に努め、雇用を維持し、地域を支えていかなければなりません。

私は平成30年度日本YEG に専門委員として出向し、日本全国のYEG メンバーとふれあい、それぞれの単会の運営について見聞を深めました。

舞鶴YEGの結束だけでなく、日本全国に広がるYEGのネットワークを活用しながら、商売につながる、地域活性につながる事業運営を目指し、会員同士が相互に有意義な活動をしていければと考えます。

創立40周年を迎えるにあたり、この先5年間で舞鶴YEG には、京都府商工会議所青年部連合会の会長や代表理事の輩出、舞鶴での会員大会の開催という大役が回ってくる予定です。

これらの大役を受けるためにも、どういう体制を作っていくかの枠組みを本年度中に決定しなければなりません。

また、ここ数年に卒業を控える会員が多数のなか、会員減少に歯止めをかけるべく新入会員の入会も即していかなければなりません。

そのためにも、舞鶴YEGの魅力を高め、入会しているメリットを発揮できるよう、次世代の若い会員を中心に「未来の舞鶴YEG 像」を共有できる事が 重要です。

1年を通じて、「魅力ある舞鶴YEG」にするにはどうすべきか、「これからの舞鶴YEG」はどうあるべきかを改めて問い直し、笑顔のバトンを次世代につなぐために、5年後を見据える「中期ビジョン」を策定していきます。

最後に、今年一年非常に大変な事態の中ですが、一筋でも明るく実りのある会の運営をしていきたいと思います。

皆さんのお力添えをよろしくお願いします。Here we go ! (さあいくぞ!)

次世代ネットワーク委員会

次世代ネットワーク委員会のイメージ

舞鶴YEG メンバーのネットワーク(親睦)を深め、メンバー全員の事業参加を目指します。次世代へ笑顔のバトンを繋げられる企画運営をできるよう1年間活動していきます。(委員長 松本昂司)

次世代フレンドシップ委員会

次世代フレンドシップ委員会のイメージ

「未来の舞鶴YEG像」共有を目指し、毎月の委員会に参加することが楽しく有益であると実感できるよう努め、舞鶴YEG全体そして40周年記念事業を盛り上げてまいります。(委員長 吉井富太郎)

周年・ビジョン委員会

周年・ビジョン委員会のイメージ

この先の5年後を見据える中期ビジョンを策定し周年事業にてその発表を行い、会長スローガンにあります「バトンを繋ぐ」を実現したいと思います。(委員長 中川貴之)

最近の投稿

第1回ビジョン事業〜ウィズ・コロナの今、できることを考えよう〜

令和2年7月31日(金)舞鶴市商工観光センター3Fにて「第1回ビジョン事業〜ウィズ・コロナの今、できることを考えよう〜」を開催しました。 江波会長年度、事業開催の1番手を頂きありがとうございます。 コロナ禍の中、ご多用に …

【府青連】研修事業「Positive Vision ~自らの可能性を切り拓こう~」「新たな一歩を踏み出すために」

令和2年7月30日(木)に株式会社クリップ 代表取締役 島田 昭彦 氏を講師としてお招きし、Zoomウェビナーにて京都府青連研修事業が開催されました。 100年に1度のパンデミックと言われるコロナ禍の中、我々商売人1人1 …

第5回次世代ネットワーク委員会

久しぶりに委員会を開催しました、ネットワーク委員会です。 メンバー全員で楽しみながら親睦を深められるような、そんな事業を開催すべく準備中です! 10月の開催を目標に委員会メンバー全員で頑張って参りますので、開催の暁には是 …

第39回定時総会(AT)・会長徽章交換

令和2年4月23日(木)、第39回定時総会を開催しました。 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今年度は残念ながらインターネット上での審議となりましたが、2019年度の承認・2020年度の計画(案)、予算(案)、全 …

【2020年度】四役にてご挨拶周りへ

令和2年4月2日(木)舞鶴商工会議所様・海上自衛隊舞鶴地方総監様へ。翌日の3日(金)には京都府中丹広域振興局様・舞鶴市役所様へ、2020年度の四役でご挨拶にお伺いしました。 皆様には大変お忙しい中、貴重なお時間を割いて頂 …

田辺城城主 細川幽斎公イメージキャラクター「ゆうさいくん」

「ゆうさいくん」とは、西舞鶴の田辺城城主“細川幽斎”のイメージキャラクターです。

細川幽斎公イメージキャラクターデザイン使用取扱規程

【第1条】趣旨
この規程は、舞鶴商工会議所青年部(以下「舞鶴YEG」という)が「細川幽斎公没後400年:青年部まちこしプロジェクト」として舞鶴の城下町イメージの発信による「まちおこし」を目的に地域の皆様のご協力により創作した幽斎公イメージキャラクターデザイン「ゆうさい くん」(以下、デザインという)の使用に関し、必要な事項を定めるものとする。

【第2条】使用承認申請等
1.デザインを使用しようとする者は、あらかじめデザイン使用申請書(様式第1号)を、舞鶴商工会議所青年部会長(以下「会長」という)に提出し、その承認を受けなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当し、且つ、デザインを変更することなく平面で使用するときはこの限りではない。
(1)京都府及び舞鶴市その他の府内各市町村等の地方公共団体が地域振興の目的で使用するとき。
(2)舞鶴市内の商店街組合、文化学術機関・施設、教育機関・施設、医療機関・施設及びNPO法人等公益活動団体が文化振興やまちおこし・教育・保健の目的で使用するとき。
(3)報道機関が報道及び広報の目的で使用するとき。
(4)その他、会長が使用を適当と認めたとき。

2.デザインを使用することができる者は、幽斎公に深い関わりをもった地域振興事業の継続的・段階的な展開に応じ、デザインを一部変更することができる。この場合においては、あらかじめ舞鶴YEGと協議し、会長の許諾を得なければならない。

【第3条】使用の承認
1.会長は、前条の規定による申請があった場合には、申請の内容を審査し、次の各号いずれかに該当するときを除いて使用を承認するものとする。
(1)細川幽斎公とその城下町の品位を傷つけ、又は傷つけるおそれのあるとき。
(2)細川幽斎公とその城下町の正しい理解の妨げになる、又はなるおそれのあるとき。
(3)デザインを第5条に規定する項目に基づいて使用せず、又は使用しないおそれのあるとき。
(4)法令又は公序良俗に反する、又は反するおそれのあるとき。
(5)特定の個人、政党、思想又は宗教団体の活動を支援し、又は公認しているような誤解を与え、又は与えるおそれのあるとき。
(6)営業または販売物に使用するとき。ただし、あらかじめ舞鶴YEGと協議し、会長の許諾を得たものは除く。
(7)消費者や利用者の利益を害する、又は害するおそれのあるとき。
(8)立体化して使用するとき。ただし、あらかじめ舞鶴YEGと協議し、会長の許諾を得たものは除く。
(9)その他、会長が不適切であると判断したとき。

2.前項に規定する会長の承認は、文書をもって行うものとする。

【第4条】使用料
デザインの使用料は、無料とする。ただし、前項(6)の規定に基づき会長の許諾を得たものはこの限りでない。

【第5条】使用上の遵守事項
デザインの使用承認を受けた者が、デザインを使用するときは、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。
(1)承認された内容にのみ使用し、会長が指示する使用条件に従うこと。
(2)承認を受けた者は、これを譲渡し、又は転貸しないこと。
(3)定められた色、形状等を正しく使用すること。
(4)デザインのイメージを損なう使用をしないこと。
(5)期間を遵守すること。
(6)原則として、デザインに近接して『細川幽斎公イメージキャラクター ゆうさい くん』、または『ゆうさい くん』と表記を付すこと。

【第6条】完成品の提出
デザインの使用承認を受けた者は、承認に係る物品等の完成品を速やかに会長に提出しなければならない。ただし、完成品の提出が困難と認められるものについては、その写真を提出しなければならない。

【第7条】承認内容の変更
1.デザインの使用承認を受けた者が、承認された内容について変更しようとするときは、あらかじめ、デザイン使用承認変更申請書(様式第2号)を会長に提出し、その承認を受けなければならない。
2.前項の承認は、文書をもって行うものとする。
3.デザインの使用承認を受けた者は、変更申請の承認後についても、第5条の規定を遵守しなければならない。

【第8条】承認の取り消し
1.会長は、デザインの使用がこの規程又は承認内容に違反していると認める場合は、当該承認を取り消すことができる。
2.前項の承認の取り消しは、文書をもって行うものとする。
3.本条第1項の規定により承認を取り消された者は、承認取り消しの通知があった日以降、当該承認に係る物件の使用、配布、掲示その他デザインの使用をしてはならない。

【第9条】責任の制限
1.前条の規定により、会長がデザインの使用承認を取り消した場合、使用承認を取り消された者又は第三者に損害が生じても、舞鶴YEGは一切その責を負わない。
2.デザインの使用承認を受けた者が、デザインの使用によって第三者に対して損害を与えた場合でも、舞鶴YEGは、損害賠償その他法律上の責任を一切負わない。

【第10条】補則
この規程に定めるもののほか、デザインの使用に関して必要な事項は、会長が別に定める。

【附則】
この規程は、平成22年10月12日から施行する。

【第1条】趣旨
この規程は、細川幽斎公イメージキャラクターデザイン使用取扱規程(以下「基本規程」という)第3条(6)及び第4条に基づき、デザインを商業的に使用する場合の舞鶴YEGとの具体的協議方法及びデザイン使用料等を定めるとともに、デザインを模した着ぐるみ(以下「着ぐるみ」という)のイベント出演に関する具体的申込方法及び出演料等について定めるものである。

【第2条】商業的使用申込及び使用権取得料等の支払等

  1. デザインを商業的に使用しようとする者は、あらかじめデザイン使用申込書を、舞鶴YEG会長(以下「会長」という)に提出し、その承認を受けなければならない。
  1. デザインの商業的使用につき会長の承認を受けた者は、遅滞なくデザイン使用権取得料を支払わなければならない。デザイン使用権取得料は、各商業的使用につき一口金10,000円とする。
  2. デザイン使用権は申込日から1年間有効とし、これを更新することができる。更新料は、各商業的使用につき一口金3,000円とする。
  3. デザインの商業的使用につき会長の承認を受けた者は、基本規程第6条に基づき完成品を会長に提出し、その販売許可を得なければならない。

【第3条】着ぐるみの派遣申込及び派遣料の支払等

  1. 着ぐるみの派遣を希望する者は、あらかじめ着ぐるみ派遣申込書を、会長に提出しなければならない。
  1. 会長は、申込の内容を審査し、派遣の可否を決定する。この場合において、会長は、基本規程第3条各号に定める事項のほか、派遣目的や着ぐるみの使用スケジュール等を勘案してこれを決定するものとする。
  2. 着ぐるみの派遣を申込み、着ぐるみの派遣を受けた者は、派遣料を支払わなければならない。派遣料は、舞鶴市内1日当たり金30,000円とする。
  3. 会長は、着ぐるみの派遣目的その他の事情を勘案し、派遣料の支払を免除することがある。

【第4条】その他
本規定に定めのない事項は、基本規程に定めるとおりとする。

【附則】
この規程は、平成23年11月1日から施行する。

上記2点に同意して頂いた下記リンクのフォームを御利用下さいますようお願い致します。
ゆうさいくんデザイン使用申請書(商業用使用)
ゆうさいくんデザイン使用申請書(上記以外)
ゆうさいくん着ぐるみ貸出明細書・貸出申込書
ゆうさいくん着ぐるみ派遣明細書・派遣申込書

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 舞鶴商工会議所青年部事務局 All Rights Reserved.